エクセル帳票β版

オプションとして「エクセル帳票(β版)」を「使用」にしている会社でのみ、本機能を利用することができます。β版(試用運用版)は無料でご利用いただけます。
正式版がリリースされればβ版(無料の試験運用版)は正式版(有料)に自動的に移行となります。正式版のリリース1か月前には通知いたします。

概要

エクセルで帳票フォーマットを作成しuconnectに登録することができます。
登録したフォーマットにuconnectのデータを設定し、見積・売上・原価の各登録画面からエクセル形式の帳票を出力します。請求管理画面から出力される合計請求書は今後対応する予定です。
帳票のタイトルを「発注書」→「注文書」に変更したり、契約書等の簡単な(※)形式の帳票を追加したり自由にご利用ください。

※エクセル帳票はデータシート(data_setシート)の値をフォーマットシートで参照して出力します。
複雑な処理、例えば鑑付見積書で大項目ごとに集計して出力、大項目ごとで改ページを自動挿入するといった帳票の出力には向きません。

使用方法

オプションを有効にする

「管理者」権限を持つユーザーのみオプションの有効/無効を更新できます。
  1. 「設定」>「ご利用プラン」メニューより「ご利用プラン」画面を開きます。
  2. 「エクセル帳票(β版)」オプションを「使用」状態にし、「更新」ボタンをクリックします。

ご利用プラン画面

テンプレートを登録する

「管理者」または「責任者」権限を持つユーザーがテンプレートを登録できます。
  1. 「設定」>「エクセル帳票(β版)」メニューより「エクセル帳票(β版)」画面を開きます。
  2. サンプルファイルを取得します。例えば見積書を登録する場合は、「見積」項目の「サンプルエクセルファイル取得」リンクをクリックします。
  3. 取得したサンプルファイルを編集します。(エクセルファイルについては「エクセル帳票の構成」項目をご覧ください。)
  4. 編集したファイルを登録します。「ファイルを選択」ボタンをクリックし、編集したファイルを選択します。
  5. 名称を入力します。ここで設定した名称はエクセルファイル出力時に表示される他、ダウンロードされるファイル名にも使用されます。

  6. 「更新」ボタンをクリックします。

帳票出力

  1. エクセル帳票(β版)オプションを「使用」にすると、見積・売上・原価の各登録画面に「エクセル印刷」ボタンが表示されます。
  2. 「エクセル印刷」ボタンをクリックでエクセル帳票がダウンロードされます。

エクセル起動時に以下のような警告メッセージが表示される場合はこちらをご覧ください。

エクセル起動時の警告メッセージ

エクセル帳票の構成

エクセル帳票は以下の2種類のシートで構成されます。

  • data_set:uconnectのデータ(帳票に表示される顧客・品目・金額等の情報)が設定されます。※編集不可
  • フォーマットシート:印刷書式を定義します。金額等のデータはdata_setに設定された内容を参照します。※編集可

サンプルシートを元に、会社情報やロゴ・角印など自由に編集しuconnectの「エクセル帳票(β版)」画面よりテンプレート登録しご利用ください。

エクセルテンプレートの作成が難しい場合は、弊社で作成させていただくことも可能です(有料:10,000円(税抜)~)。

無料でお試し!

粗利管理クラウドソフト「uconnect」は、
経理業務の効率化リアルタイム粗利管理が可能なクラウド型の粗利管理ソフトです。

見積書・納品書・受領書・領収書・請求書作成 + 売掛管理・買掛管理 の機能を備えています。

30日間無料でお試しすることができます。