短期利益計画の作成・操作

短期利益計画は、翌期の売上・原価・利益の予想を行います。
また、実績を入力することにより、予実管理する機能もあります。

【注意事項】

  • 金額の単位は「社長の管理会計表示単位設定」より変更可能です。初期状態では千円です。
  • 表示金額は税込です。

短期利益計画の期間の選択

期間選択

  1. 短期利益計画の開始年度を選択します。
  2. 開始月は「設定」>「会社情報」の「決算月」を元に表示されます。

計画入力

計画入力
まず始めに計画を入力します。画面上部「計画入力」にチェックが入っていることを確認してください。
設定は会社単位で共通です。年度ごとに項目を変更する事はできません。
また金額が入力されている場合、表示年度が替わっても項目を削除することはできません。

部門、売上/原価の追加

行を追加し、項目名称、設定パターン等を設定してください。
「粗利益」には部門を追加することができます。
「その他販売管理費」の「原価償却費」を削除することはできません。
項目追加

設定パターン

設定パターン
金額の設定方法を選択することができます。
設定パターンには、以下の種類があります。

  • フリー入力
  • 均等割
  • 月々定額
  • 月々増減額
  • 原価率(原価項目のみ指定可能です)

フリー入力

フリー入力

  1. 設定パターン列のボタンをクリックします。
  2. ダイアログの設定パターンでフリー入力を選択します。
  3. 設定ボタンをクリックします。

全ての月に任意の金額を入力することができます。
入力可能

均等割

指定した金額が12等分され各月に設定されます。割り切れない場合、端数は四捨五入されます。
均等割付2

  1. 設定パターン列のボタンをクリックします。
  2. ダイアログの設定パターンで均等割付を選択します。
  3. 金額を入力します。
  4. 設定ボタンをクリックします。

均等割付3

  1. 入力した金額が等分され各月に設定されます。
  2. 設定値の金額を変更すると全ての金額を変更できます。

月々定額

指定した金額が各月に設定されます。
オプションで開始月と終了月を指定することができます。
月々定額

  1. 設定パターン列のボタンをクリックします。
  2. ダイアログの設定パターンで月々定額を選択します。
  3. 金額を入力します。
  4. 開始月を入力すると、当該月より入力した金額の定額が設定されます。
  5. 終了月を入力すると、当該月まで入力した金額の定額が設定されます。
  6. 終了月以降の金額を入力すると、終了月以降に入力した金額の定額が設定されます。
  7. 設定ボタンをクリックします。

月々定額2

  1. 設定値の金額を変更すると全ての金額を変更できます。
  2. 月々定額は、毎月同額の金額を設定します。定型支出等で使用すると入力を軽減できます。

月々増減額

開始金額・増加減額・開始月を指定することで、各月に金額が設定されます。
オプションとして終了月・終了月以降の金額(0円 または 終了月の金額)を指定することができます。
月々増減額

  1. 設定パターン列のボタンをクリックします。
  2. ダイアログの設定パターンで月々増減額を選択します。
  3. 開始金額を入力します。
  4. 増減金額を入力します。減額はマイナスで入力してください。
  5. 開始月を選択してください。
  6. 終了月を入力すると、当該月まで増加減金額が設定されます。
  7. 終了月以降の金額を選択します。0円と終了月の金額が選択できます。
  8. 設定ボタンをクリックします。

月々増減額2

  1. 月々増減額を設定すると指定した金額で増額・減額することができます。
  2. 終了月以降は定額で設定されます。
  3. 設定値の金額を変更すると増減額を変更することができます。

原価率

原価率を指定することで、直近上部に設定された売上を元に各月に金額が設定されます。
同一部門内の上部に売上が無い場合は、0が設定されます。
原価率

  1. 設定パターン列のボタンをクリックします。
  2. ダイアログの設定パターンで原価率を選択します。
  3. 原価率を入力します。
  4. 設定ボタンをクリックします。

原価率2

  1. 原価率は、直近上部の売上と入力した原価率を元に設定されます。
  2. 設定値の原価率を変更すると全ての金額を変更できます。

項目の操作

項目の並び替え

部門内で項目順を並び替えることができます。
部門は部門単位で並び替えることができます。
項目移動

  1. 上矢印ボタンをクリックすると当該行が1行上に移動します。
  2. 下矢印ボタンをクリックすると当該行が1行下に移動します。

削除・コピー

表示月でなくても、金額が入力されている月がある項目は削除することが出来ません。
部門はコピーすることができません。
削除_コピー

  1. 削除ボタンをクリックすると当該行を削除します。
  2. コピーボタンをクリックすると当該行をコピーして下の行へ追加します。

印刷

作成した短期利益計画を、実績表示用のフォーマットでPDF出力します。
項目が追加されていない部門は、部門ごと非表示になります。
印刷

CSVダウンロード

作成した短期利益計画を、CSVファイル形式でダウンロードします。
ファイルは実績表示用のフォーマットで出力されます。Excel等で開き、編集することで任意の形式で印刷することができます。
(他システムへのデータ取込等を想定した形式ではありません。)
項目が追加されていない部門は、部門ごと非表示になります。

前年計画取込

前年度の計画があれば、前年度の設定(項目・設定パターン)を取り込みます。
前年計画取込では、入力中の設定は全て上書きされます。

実績の入力

実績入力
計画を作成したら実績を入力します。画面上部「実績入力」にチェックが入っていることを確認してください。
実績は青文字で表示されます。
実績入力2
実績を入力すると計画との差が自動で計算されます。
「合計」列には実績が入力されている月までの合計金額が表示されます。

社長の管理会計 〜 タブレットで簡単楽々 資金繰り表作成

社長の管理会計 資金繰り表 作成
  1. タブレットで簡単に資金繰り表が作成できます
  2. 自動で残高のグラフが表示され、一目で資金繰り表の推移が確認できます
  3. 実績残高と差異理由の入力ができ、PDCAサイクルを回すことができます
  4. 月額5,000円と安価に使用でき、1ヶ月間無料でお試しできます。