はじめての方へ

「社長の管理会計」で資金繰り表が作成できるようになるためには、最低でも以下の2つをマスターする必要があります。

  1. 自社の資金繰り表を作成するノウハウ
  2. 社長の管理会計」で資金繰り表画面の操作方法

上記 1.の資金繰り表作成に関する解説については、社長の管理会計道ブログで解説していますので、そちらを参照してください。

このヘルプセンターでは、上記 2.の「社長の管理会計」に関する画面の操作方法を解説しています。

社長の管理会計 〜 タブレットで簡単楽々 資金繰り表作成

  1. タブレットで簡単に資金繰り表が作成できます
  2. 自動で残高のグラフが表示され、一目で資金繰り表の推移が確認できます
  3. 実績残高と差異理由の入力ができ、PDCAサイクルを回すことができます
  4. 月額3,000円と安価に使用でき、1ヶ月間無料でお試しできます。