工事粗利台帳

この機能を利用可能なユーザー権限
管理者 責任者 経理担当者 担当者 担当者2
× × ×

工事管理で登録した売上・原価情報を、工事ごとに確認することができ、工事粗利台帳を印刷することができます。
工事粗利台帳

工事粗利台帳の検索

以下の条件で工事粗利台帳の検索ができます。

  • 対象工事の抽出条件
    • 対象年・対象月:対象年と対象月どちらで検索するか選択してください。
    • 完成・未完成・全て:上記指定期間の案件の状態を選択してください。
  • 集計データの抽出期間
    • 全期間・対象期間以前・対象期間のみ:一覧に表示するデータの集計期間を選択してください。
  • 詳細検索
    • 案件No|名称
    • 担当者:案件に設定した担当者を元に検索されます。

工事の完成・未完成

項目 説明
完成 終了した工事で、工事(案件)情報の「案件終了」にチェックをし、「完了日」を登録したものです。
案件に紐づく売上または原価情報が登録されている、もしくは実行予算が登録されている案件が一覧に表示されます。
工事粗利台帳では、案件の「完了日」を元に工事情報を検索します。
共通原価:案件に紐づかない原価が表示されます。
未完成 受注済みで、案件が終了していない工事です。
案件に紐づく売上または原価情報が登録されている、もしくは実行予算が登録されている案件が一覧に表示されます。
終了している案件でも、検索条件で「完了日」より前を指定した場合は未完成として一覧に表示されます。
全て 受注済みの工事(案件)です。
案件に紐づく売上または原価情報が登録されている、もしくは実行予算が登録されている案件が一覧に表示されます。
指定期間より未来の案件は表示されません。

工事粗利台帳の項目

項目名 説明
工事No 工事Noが表示されます。工事Noは案件Noです。
工事名 当該工事(案件)の案件名が表示されます。
担当者 当該工事(案件)に設定した担当者が表示されます。
売上金額 当該工事(案件)に紐づいた売上の合計金額(税抜)が表示されます。
売上計上発生日の設定により納品日または請求日を元に集計されます。前払い(納品日より請求日が前)の売上は請求日を元に集計されます。
実行予算 当該工事(案件)で登録した実行予算が表示されます。
科目グループ名 この項目は「マスタ」>「科目グループ」で設定した名称及び項目数です。原価登録画面で科目を設定すると、その科目が所属する科目グループの欄に原価(税抜)が表示されます。
原価計 当該工事(案件)に紐づいた原価の合計金額(税抜)が表示されます。
原価ステータスが「見積」「見送り」のものは集計されません。
原価計上発生日の設定により納品日または被請求日を元に集計されます。前払い(納品日より被請求日が前)の原価は被請求日を元に集計されます。
利益 当該工事(案件)の利益(売上金額-原価計)が表示されます。
利益率 当該工事(案件)の利益率(利益/売上金額×100)が表示されます。
実行予算率 当該工事(案件)の実行予算率(原価計/実行予算×100)が表示されます。
100%を超えたものは赤色表示されます。
操作 「明細」:当該案件の工事明細が別タブで表示されます。
「台帳」:当該案件の工事台帳が別タブで表示されます。

一覧の色

一覧の各行の背景は、案件の状態によって以下のように色分けされています。

案件の状態 行の色
完成
未完成

工事粗利台帳印刷

「印刷」ボタンで工事台帳の内容がPDFファイルで表示されます。
工事粗利台帳

工事粗利台帳のエクスポート

工事粗利台帳をCSVでダウンロードすることができます。
ダウンロード対象となる案件情報は、工事粗利台帳画面の検索条件で絞り込むことができます。

  1. 画面上部の検索条件を指定し、ダウンロードする案件情報を絞り込みます。
  2. 画面下の「エクスポート」ボタンより「CSVエクスポート」を選択します。
  3. 画面にエクスポート処理の受付完了メッセージが表示されます。
    台帳CSVエクスポートメッセージ
    メッセージの「コチラ」または、「エクスポート」ボタン>「エクスポート履歴」からエクスポート履歴画面が表示されます。
    ※エクスポート履歴画面は、画面ヘッダ部のダウンロードアイコン>「エクスポート履歴」からも表示可能です。
    エクスポートアイコン
  4. 工事粗利台帳のCSVファイルが作成されると一覧の「ステータス」が「処理中」から「出力済み」に更新されます。
    工事粗利台帳_エクスポート履歴
  5. 一覧右側「操作」列の「ダウンロード」ボタンをクリックし、CSVファイルをダウンロードしてください。

※エクスポート処理に失敗した場合は一覧「ステータス」列に「出力失敗」と表示され、吹き出しにエラー内容が表示されます。
※エクスポート処理後は一覧「ダウンロード期限」列に表示されている期限までは何度でもダウンロード可能です。
(ダウンロード期限は、エクスポート処理後30日間です)
※エクスポート履歴画面には、エクスポートを実行したユーザーのデータのみ表示されます。

工事粗利台帳のCSVファイルの項目は以下の通りです。

CSVの項目

項目名 説明
工事No 工事Noです。工事Noは案件Noです。
顧客名 工事(案件)の顧客名です。一見さんの場合「一見さん用顧客名」が表示されます。
顧客部署担当者 工事(案件)の顧客部署担当者です。
工事名 工事名(案件名)です。
部門 工事(案件)に設定した部門です。
担当者 工事(案件)に設定した担当者です。
作成日 工事(案件)の作成日です。
受注日 工事(案件)の受注日です。
完了日 工事(案件)の完了日です。
案件終了 工事(案件)が終了している場合は「案件終了」、終了していなければ「案件継続」が表示されます。
請負区分 工事(案件)の請負区分です。
受注金額 工事(案件)の受注金額です。この項目は表示設定画面で「受注金額」使用するにチェックONすると表示されます。
売上金額 工事(案件)に紐づいた売上の合計金額(税抜)です。
実行予算 工事(案件)に登録した実行予算です。
(科目グループ名) 工事(案件)に紐づく原価(税抜)の科目グループ毎の合計金額です。
この項目は「マスタ」>「科目グループ名」で設定した名称及び項目数です。
原価計 工事(案件)に紐づいた原価の合計金額(税抜)です。
利益 利益(売上金額-原価計)です。
利益率 利益率(利益/売上金額×100)です。
実行予算率 実行予算率(原価計/実行予算率×100)です。

無料でお試し!

粗利管理クラウドソフト「uconnect」は、
経理業務の効率化リアルタイム粗利管理が可能なクラウド型の粗利管理ソフトです。

見積書・納品書・受領書・領収書・請求書作成 + 売掛管理・買掛管理 の機能を備えています。

30日間無料でお試しすることができます。