最初に設定すること

見積や売上情報を作成する前に、以下の項目を登録・更新してください。(は必須項目です)

  1. 支払条件
  2. 会社情報
  3. 顧客
  4. 顧客部署担当者
  5. 仕入先/業者
  6. 品目
  7. 科目グループ
    会計ソフトに連携する場合に登録してください
  8. 科目
    会計ソフトに連携する場合に登録してください

1.支払条件

支払条件情報として、自社や顧客・仕入先の締め日・支払期日等を登録することができます。
登録された内容を元に、入金期日・請求日等を自動で設定することができます。
「マスタ」>「支払条件」画面から追加することができます。
はじめに自社の支払条件を登録し、以下2で会社情報に設定してください。
※以下の支払条件は初めから登録されています。

支払条件名 締め日 支払期限
25日締め翌月末支払 25日 翌月、月末
月末締め翌月28日支払 月末 翌月、28日
月末締め翌月末支払 月末 翌月、月末

2.会社情報

「設定」>「会社情報」画面から1で設定した支払条件を選択して更新してください。

3.顧客

顧客情報として、顧客名や住所に加えて、支払条件等の取引上必要な情報を登録することができます。
「マスタ」>「顧客」画面から追加することができます。

4.顧客部署担当者

顧客内の担当者の氏名・部署等の情報を登録することができます。
顧客部署担当者を設定すると、見積・売上情報を担当者ごとに作成することができます。
「マスタ」>「顧客部署担当者」画面から追加することができます。
顧客部署担当者を設定することで、請求書を担当者毎に分けることができます。

5.仕入先/業者

仕入先名や住所等の情報を登録することができます。
原価情報を作成する際に仕入先を指定して登録することができます。
「マスタ」>「仕入先/業者」画面から追加することができます。

6.品目

金額が決まっている商品・サービスを品目情報として登録することができます。
品目情報を登録すると、見積・売上・原価登録時に呼び出すことができるようになります。
「マスタ」>「品目」画面から追加することができます。
見積・売上・原価登録画面でも新規追加することができます。

7.科目グループ

会計ソフトに原価情報を連携する場合、登録必須になります。
科目を登録する前に、まず科目グループを登録してください。
「マスタ」>「科目グループ」画面から追加することができます。
※以下の科目グループは初めから登録されています。

科目グループ名
仕入費
外注費
人件費

8.科目

会計ソフトに原価情報を連携する場合、登録必須になります。
登録された科目情報は、原価登録画面で使用することができます。
「マスタ」>「科目」画面から追加することができます。
※以下の科目は初めから登録されています。

科目名 科目グループ名 会計送信区分
仕入費 仕入費 取引先毎
外注費 外注費 伝票毎
人件費 人件費 伝票毎

無料でお試し!

粗利管理クラウドソフト「uconnect」は、
経理業務の効率化リアルタイム粗利管理が可能なクラウド型の粗利管理ソフトです。

見積書・納品書・受領書・領収書・請求書作成 + 売掛管理・買掛管理 の機能を備えています。

30日間無料でお試しすることができます。